おっぱいを大きくするブラの付け方

付けるだけでバストアップ効果が期待できると最近話題の
おっぱいを大きくするブラですが、胸のサイズのコンプレックスを
解消したいなら正しい付け方を知っておくことも重要です。

これは一般的なブラをつける場合も同じなんですが、きちんとした
正しい付け方で使用しないと、別の悩みを引き起こす原因になる
可能性もあります。

●おっぱいを大きくするブラの付け方ポイント!

では、付け方として「おっぱいを大きくするブラの正しい付け方」は、
どんなものなんでしょうか?

特に正しい付け方で付けることがおっぱいを大きくするブラの効果を
実感する上では重要です。

早速、正しい付け方のポイントなどを説明します。

1.まずは、少し上半身を曲げて前かがみになります。
それからバージスライン付近の余分なお肉をブラですくう感じで、
下のカップ部分をバージスラインに当て、つける位置に合わせましょう。

2.次に肩紐を肩にかけ、後ろ手でホックを留めます。
それから体の状態をまっすぐにし、苦しくないかきちんとついて
いるか確認します。
この時に、肩紐の長さも合うように確認しましょう。

3.続いて、背中・脇に流れた余分なお肉をブラカップに入れこみます。

右のバストを右手で持ち上げ、左手で流れたお肉をカップの中に
キュッと入れます。それから左手を後ろの背中付近まで伸ばし、
そこにある余分なお肉もカップへと移動させる感じで入れましょう。

右と同じように左のバストも脇・背中のお肉を移動させます。

余分なお肉を移動させる時、痛いと感じる方もいるかもしれませんが、
お肉が胸の位置を覚え定着するまでの我慢です。

4.そこまで終わったら、まっすぐの状態になり前を向き、
背中のベルト部分が肩甲骨の下にちゃんと来ているかチェックします。

ここまでがおっぱいを大きくするブラの正しい付け方です。

最初は戸惑うかもしれませんけど、一度覚えればスムーズにできますし、
難しくはありません。
一般的なブラと付け方自体はそこまで変わりません。

背中・脇に流れたお肉を胸の方へ移動させ、毎日続ける事で
定着させ、結果的にバストアップ効果が期待できます。

おっぱいを大きくするブラの正しい付け方のポイントでは、
特に1番に注目してください。
バージスラインの位置につけるのが大切です。

バージスラインをご存知ですか?
胸の底辺の位置にあり、胸・お腹のボーダーラインが
バージスラインになります。

日本人女性の場合、ボーダーラインがはっきりせずにあいまいな方が
多いようですが、ここはしっかり見つけて下さいね。

ボーダーラインがあいまいでわからない場合でも、そこを意識して
毎日おっぱいを大きくするブラを付けることで、だんだんと境界線が
くっきり分かる体へとなっていきます。
そうすることできれいな形の胸を手に入れることができるんですね。

おっぱいを大きくしたいのなら胸のハリも重要ですが、
おっぱいを大きくするブラに余分なお肉を入れて定着させていく事で、
ハリもちゃんと出てくるようになります。

また、おっぱいを大きくするブラを付けるのはもちろん、さらに
バストアップマッサージなどもしてみるとプラス効果が期待できて
おすすめです。